【おすすめ記事】

人間関係に悩んでいる人は意外と多い

業務命令違反になるため、人事異動は拒否できない

人事異動は拒否できる?できない?

人事異動は拒否できる?できない?

雇用主側は人事異動の可能性を見据えて採用しているため、契約書にも人事異動に関する文言がきちんと記載されています。その契約書にサインしている以上は「拒否=業務命令違反」になるため、明確な理由がない限り、拒否することはできません。どうしても嫌なら交渉次第で異動を回避することはできるかもしれませんが、人間関係にしこりを残してしまうため働きにくくなってしまうでしょう。また、すべての施設で異動を行っているわけではんないため、異動したくないなら「異動のない施設で働く」という選択肢もあります。

基本的に拒否できない

  • 人事異動は拒否できる?できない?

人事異動の発表は突然行われるため、心の準備がないまま告げられる人がほとんどです。いきなり環境が変わるため、「異動したくない」と思う人もいるかもしれませんが、人事異動の辞令は基本的に拒否することはできません。雇用主側に人事権の裁量が幅広く与えられており、拒否=業務命令違反になってしまうからです。ただし、親の介護など異動ができない明確な理由がある場合は拒否することが可能です。また、嫌がらせによる異動も不当行為にあたるため、交渉次第では拒否できます。

詳細へ

不満がある場合の対処法

  • 人事異動は拒否できる?できない?

突然の人事異動を不満に思っている人もたくさんいることでしょう。基本的に拒否はできないため、我慢して受け入れるしかありませんが、本当に嫌だった場合は交渉してみるのもひとつの方法です。ただし、親の介護など異動できない明確な理由がない限り、拒否しても押し切られてしまう可能性があります。また、異動が回避できても人間関係に何らかのしこりを残してしまうため、かえって働きにくくなってしまいます。拒否したい気持ちは分かりますが、いったん受け入れて、それから判断しても遅くはありません。

詳細へ

異動を未然に防ぐ方法もある

  • 人事異動は拒否できる?できない?

人事異動の辞令は拒否できませんが、未然に防ぐことならできます。高齢化社会の日本では今、全国各地にたくさんの介護施設があります。その中には人事異動がない施設も当然あります。面接のときに人事異動があるかどうかを確認しておきましょう。また、異動して新たな職場で新しい仕事に就くのは転職と何ら変わりません。この機会に、人事異動がない施設に転職するのもひとつの方法です。いくつもの施設を運営しているような大きな組織はグループ内で定期的に人事異動を行っている可能性があるため、避けた方がいいでしょう。

詳細へ

人事異動について悩んでいる人へ

人事異動は精神的にも身体的にも負担が大きいため、どうしても受け入れられない人もいるかもしれません。その場合は思い切って職場を変えることを検討してみましょう。転職のプロである転職エージェントを利用すれば、人事異動のない職場を効率良く見つけられます。