【おすすめ記事】

基本的に拒否できない

転職して人事異動がない施設で働く

異動のない職場を探そう

異動のない職場を探そう


異動の負担は意外に大きい

人事異動のデメリットはいろいろありますが、その中でも特に大きな負担がかかるのが「人間関係」です。同僚や上司との人間関係、利用している高齢者との信頼関係を一から新たに築いていかなければならないからです。人間関係作りが苦手な人にとっては大きなストレスになることでしょう。
また、職場自体が変わることで通勤手段や時間も変わるため生活面にも大きな影響が出ます。職場が遠くなると、その分通勤にかかる時間も増えます。家庭や子育てと両立している人は時間のやりくりがさらに大変になってしまうでしょう。
どうしても負担が大きいようなら退職や転職するのもひとつの方法ですが、介護職員は転職活動に不慣れな人が多いため、転職に失敗する人も少なくありません。

介護職員は転職活動に不慣れ

一般企業の場合は一次面接に合格したら二次面接を受ける、というように段階的に面接を受けますが、介護業界は一次面接がそのまま施設長などが参加する最終面接であることが多いため、早い段階で決まってしまいます。また、多くの施設が人手不足に悩んでいるため、やる気のある人材は早めに確保しようとする傾向があります。一般企業であれば何十社も回ってようやく決まりますが、介護業界は第一希望の施設にそのまま転職できる可能性が高いため多くの施設を回る必要がありません。また、新卒の就職活動も学校や先生のコネで決まったり、実習先の施設でそのまま採用になったりするケースが多いため、就職活動そのものの経験がない場合もあります。
あまりにスピーディーに決まってしまい転職活動そのものに慣れる暇がないため、転職するのであれば必ず確認しておきたい条件も大雑把に確認したり、働きやすいように条件を交渉したりすることなく決めてしまいます。

転職エージェントを利用しよう

転職活動に不慣れな人が何の対策も講じずに行動しても失敗に終わるだけです。経験がないなら、転職活動のノウハウを持っているプロの力を借りましょう。特に介護業界に特化した転職エージェントなら、介護業界の転職事情にも精通しているため疑問や不安も即座に解消してくれますし、これまでの経験を活かして転職を成功に導いてくれます。
下記に紹介している【介護業界を目指す人のための転職エージェント活用術】では、転職エージェントを利用すべき理由やメリット・デメリットが詳しく記載されています。この記事を参考に、転職エージェントを上手に活用して転職を成功させましょう。

人事異動について悩んでいる人へ

人事異動は精神的にも身体的にも負担が大きいため、どうしても受け入れられない人もいるかもしれません。その場合は思い切って職場を変えることを検討してみましょう。転職のプロである転職エージェントを利用すれば、人事異動のない職場を効率良く見つけられます。