【おすすめ記事】

失敗したくないなら【きらケア】

人事異動にはどんなメリットがある?

異動するメリット・デメリット

異動するメリット・デメリット


人事異動のメリット

人事異動はどうしてもマイナス面ばかりがピックアップされるため、異動を告げられるとショックを受けたり不安な気持ちになったりする人も多いのですが、メリットもたくさんあります。
多くの職場を経験することで人脈が広がりますし、新たな職場で新しい仕事に就くことで介護の技術や知識の幅、そして人間の幅も広がります。もちろん運営側にも、新しい人材が入ることで組織が活性化する、職員の特性を活かして適材適所の配置ができる、欠員を補充できる、などのメリットもあります。人間関係に悩んでいる人にとっては波風を立てずに環境を変えられる人事異動に大きなメリットを感じるのではないでしょうか。

人事異動のデメリット

メリットがあれば当然、デメリットもあります。新しい人材を入れることで組織の活性化につながりますが、教育の負担が増えるため仕事の効率は悪くなります。また、新人が仕事に慣れるまでは既存の職員がフォローしなければならないため、ストレスがたまったり、やる気が低下したりする可能性もあります。
そのため、人事異動を決定する運営側ではこのようなデメリットを理解した上で、「個人の感情」ではなく「施設がより良い方向に改善するため」に大きな目線で施設全体を見渡し、人事異動に踏み切っています。ただし、このような意図を感じられないような人事異動なら、それは職員のことを全く考慮していない、ということです。そのような施設にいてもつらいだけでしょう。その場合は、退職や転職を考えてもいいかもしれません。

馴染むまでは負担が大きい

異動することによって人間関係がリセットされますが、新たに人間関係を作るのは大変です。なかなか職場に馴染めなければモチベーションも下がってしまうでしょう。モチベーションは仕事の効率にも大きく関係してくるため、新しい仕事に必要な知識や技術や知識が身につかず効率が落ちて周囲に迷惑をかけてしまう可能性があります。また、職場が変わることによって通勤経路や時間も大きく変わります。
これまでとは違う人間関係、新しい仕事内容、と環境が大きく変わることにストレスを感じる人も少なくありません。特に働きやすく楽しい職場で働いていた場合、どうしても今の職場と前の職場を比べてしまうため、変わってしまった環境を嘆いて気落ちしてしまうことでしょう。慣れるまでは体力的にも精神的にも負担がかかります。不安な気持ちを抱えたままだと気持ちが萎縮して前向きに取り組むことができないため、異動先で上手くやっていくのは難しいかもしれません。

人事異動について悩んでいる人へ

人事異動は精神的にも身体的にも負担が大きいため、どうしても受け入れられない人もいるかもしれません。その場合は思い切って職場を変えることを検討してみましょう。転職のプロである転職エージェントを利用すれば、人事異動のない職場を効率良く見つけられます。